高速有鉛の現実逃避の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS みどりの日のHMSは中級12回目…。

<<   作成日時 : 2017/05/10 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

僕にとっての大型連休初日、大気の状態が不安定で、午後から雷雨の予報の出ている不穏な天気の4月29日、みどりの日に本当に久し振りにHMS中級クラスに参加して来ました。多分、一ケ月ぶり位です…。
いつも、連休初日は国道254号が激しく渋滞するので、早めに出て、混んでたら畦道走って行く覚悟でいたのに、道はガラガラ拍子抜けな連休の幕開けでした。

画像



レッスン開始の集合時、隣に元格闘家に良く似た人が…。名字も同じだったので、勇気を出してご本人に聞いてみると正にその人本人でした。
なんでも、丁度前日MT-07が納車されたそうです。
そう言えば、そんな格闘技が流行っている頃、偶々、長男の名が、もう一人の格闘家と同じだったので、もう一人、男の子が生まれたら、名前を頂こうなんて思っていたことがありました。
カッコ良くて、強そうな名前の男の子、二人連れた父ちゃんって、更に強そうじゃないですか…。
残念ながら、二人目できなかったので、夢で終わりましたが…。

さて、この日のインストラクターは、Mさんと、僕は初めてのKoalaさん…。
僕のこの日のテーマは「肩の力を抜いて、美しいフォームを身に付ける…。」
もう、最近はこれしかありません…。もう多分、速く走れるようにはならないだろうし、せめて、美しいフォームを身に着けたいです…。

Koalaさんの先導する、慣熟走行はとっても速いペースのでびっくりです…。ちょっと前に慣熟走行中に派手なクラッシュを眼の前で見た時の恐怖が蘇ります…。お願いです、もうちょっと優しく先導してください…。ちびりそうです…。


午前中の滑走路のようなコースは4コースと言うそうです…。
先ずは、ここで、加減速に伴う、前後の体重移動の練習。



行きは、直パイ〜オフセットスラロームになって行く。Uターンして、帰りはオフセットスラロームから短い直パイ後に狭いオフセット〜オフセット〜くるっと旋回して戻ってくる感じ…。
いつもより難易度が高い感じだけどコースも広く使って何となく楽しい感じの設定…。
但し、楽しいと思えるのはコース案内までなのは、いつもと同じ…。


画像



直パイからオフセットスラロームに入るのは、思ったよりスムーズに入れる…。後半の細かいオフセットは、ちょっと手強い…。一本目に、上手く入れれば、何とかなるけど、一本目がだめだと全部だめな感じ。進入とリズムが大切な肝な感じ。
色々試しながら走って、なんか良い感じで走れてると思ったら…。
「上体がガチガチ固いです。もっと肩の力を抜いてリラックスして…。」
全然進歩してなかったかも…。失意の中で午前の部終了。


画像


お昼は、豚肉の茸ソースがけ…。ご飯少な目。
因みに、元格闘家の方もご飯少な目でしたよ。

画像



昼食後の散歩に行こうとしたら…。
屍のように昼寝してるけど、実はギリギリ轢かれなくて、ギリギリ日陰のベストポジション。意外と計算高い…。


画像



写真撮ってたら、萌えポーズ答えてくれた。ありがとうしま。踏まれないようにね…。


画像



この日選んだ車両はCB400の二気筒。「大きなVTRみたいで乗り易い」って、げそ天さんが絶賛していたので、選んでみました。
今まで、かっこ悪いので乗らなかったのが悔やまれる位、噂通りの乗り易さでした。
午前中、良い感じで乗れて上手くなった感じだったのはこのバイクのお陰だったのかも…。
タンクの左右に付いたシュラウドを外して本当にちょっと大きなVTR風のデザインにすればもっと売れたのかも…。
バンパーが踝に当たるという人もいましたが、僕の身長とポジションでは問題ありませんでした。つま先が開くとちょっと当たる位なので、むしろポジションの矯正にも良いかもしれません。


画像


午後のコースは、一番奥の太郎衛門橋の袂の広いコース。
スタートして直パイ4本〜Uターン〜もう一回Uターン〜ロングオフセットへ。2本目のロングオフセット〜短くて走り難いオフセットへ…。

やっと外周に出てパイロンを避けながら走り、最後の1本を90度ターンして、拡張部内のミドルオフセット。途中、やたら滑る白線の罠に注意しながら旋回する。S字じゃなくZ字ターンをしてから市街地内へ。何となく掴み所が無くて苦手な市街地が行きぬきに思えるよな設定、更には市街地の途中、Uターンがあり、簡単そうに見えて、ほんのちょっと邪魔をするパイロン(これがとってもいやらしかった…。)〜例のパイロンがたくさんたってるトイレ前セクションへ入ります。

そして内周に戻り、90度ターンやS字を経て最後に、曲がった後が狭くなってるUターンを抜けてゴール。

今となっては、眼をつぶって、思い出せば、コースは大体覚えているけど、上手く文章に出来なくらい長く難しいコースでした。
『詳しいコースは、僕がいつもHMSに参加するとき参考にさせて頂いている、青いレガシイの方のブログを参照してください…。』

もう、僕のHMS史上最難関コースです。コース案内後「自信の無い人?」との問いに迷わず挙手しちゃいました。
勇気を持って挙手したご褒美で、koalaインストラクターのプライベートレッスンかと思ったら、手挙げてない人が5〜6人ついてくるじゃありませんか…。皆正直に手を挙げようよ…。
koalaインストラクターは五周ほどでした。僕は二番目、僕の前は件の元格闘家…。流石にアスリートの走りは、素晴らしい物がありました。一週毎に上手くなっているのが分かります。やはり普通の人とは運動神経が違うんですね…。


と言う訳で、今まで、中級を11回走って来たけど、過去最高の長いコースです。
でも、件の青いレガシイの方とか、常連の方には、これでも、易しめなコースらしいです…。

午前中の直パイもそうだったけど、途中一本ずれた直パイは、Mさんの特徴らしい…。

難しいコースだけどどのコーナーも、しっかりライン取りを考えて、丁寧に走れば破たんする事無く走りきれる。
中級クラスを初めて受講した時はもっと簡単なコースですら走り切れずに、泣きそうな気分になっていたので、多少は上達したと自信を持って言えるような気がする。



画像



トイレ前のこの辺りが一番難しかった…。でも、終盤なんとかスムーズに走れるようになった。最初はライン取りを難しく考え過ぎてた…。アクセルの遊びをとって、静かに操作する事を心がけ、シンプルに直パイの後にUターン程度に考えて、リズムに乗って走れば難なくこなせる…。
実際、最初は苦労したけど、最後の方は難無く走れるようになった。
これは、休憩時間中に乱入してきた上級クラスの走りを観たお陰。まぁ、上級クラスのスピードには全く持って及ばないけど…。


それにしても、休憩時間に乱入してきた上級の人々は速かった…。コースも案内無しでいきなり走れてしまうのには更に驚きです…。

途中、koalaさんの追走後のアドバイス。「もっと、身体を前後に動かせば、楽に走れますよ。」
インストラクターの方が追走している時は、全くと言って良いほど存在を消している。エンジンの音が静かなんだな。そう言えば、今僕が目標にしている人も、エンジンの音がとても静か…。
上体の積極的な動き、丁寧なアクセルワークを意識して走ると、なるほど先程より、スムーズに楽に走れる。

続いてMさんからは、「車両の動きと身体の動きがシンクロしていません。尾てい骨をシートに密着させるイメージで座り、ニーグリップをもっとしっかりして身体と車両が一体になるようにすると良いです。」
またそこです…。結局進歩したようで全く進歩してない…。

休憩後、Mさんから「ブレーキングで、フロントフォークを縮めて、キャスターを立てホィールベースを短くして曲がり易い状態にしてターンに入る。そのまま後輪に加重してフロントを軽くしてハンドルを更に切れやすい状態にしてリヤブレーキをチョンと掛けると更にフロントタイヤが内側に切れ込んでいく。一連の動きを引き出すためにはしっかり後輪に加重して前輪を抜重する事が必要。」
なるほど、ハンドルが切れ易い状態まで持って行く方法は、何度も聞いて知識として知っていたけど、それを引き出すためには積極的な荷重移動が必要なんだな…。
でも、この時のデモンストレーションで、インストラクターが転倒するのを初めて見た気がする…。
意外とお茶目だったんですね、Mインストラクター…。

午後からは、途中で雨が降って来て中断したりもしたけど、なんとか雷にも撃たれず、無事レッスンを終える事が出来た。
外周の、無駄に広い白線は、乾いていてもトラップのように滑るのに、濡れると凍ってるんじゃないかと思うほど滑る事が分かったり、突然雨が降ると、合羽を用意してくれる事も知った。
雷注意報が出ている時は、走りだす前に注意事項があったり、雷で中止になると「幻の二千円券」と言う物がある事も知った…。
雨で中断して、雨宿りしながらの雑談も、意外と役立つ話もあったりした…。俄か雨も悪い事だけじゃない。

と言う訳で、走りの方も、それ以外の部分でも色々と得ることの多いレッスンとなりました。

あ〜、元格闘家の方のサイン貰ってくるの忘れた…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分もこの日参加していました。
高速有鉛さんがどの方なのかまだよくわかっていないinakamonです。

午後のコースのトイレ前の細かいところは、スピードを落とさない方が走りやすいかなと思いました。
フロントフォークを沈めて、沈めた状態を維持するためにはある程度のスピードが必要で、スピードが落ちると曲がりきる前にフロントフォークが伸びてしまう感じです。
直パイの感じで一気に沈めて、伸びたところで切り返しと言う乗り方にするとスムーズかなと思います。

あの白線そろそろ馴染んで滑りにくくなってほしいものです。
inakamon
2017/05/10 22:30
inakamonさん、こんにちは。
この日は、inakamon参加してたんですね。
お話できなくて残念です。
この日はCB400の二気筒のってたのは僕だけだったので…。

トイレの前のコースは、最初かなり苦労しましたが、終盤すんなり走れるようになりました。
速度は兎も角として…。
これが、HMSが楽しくなる元だと思ってます。
最初苦労した、部分がすんなり通れるようなると嬉しいですね。達成感と言うか…。
それにしても、上級の人たちは凄いですね。いきなり乱入してきて難なく、それもかなりの速度で走り抜けていく。いつも驚きます。

白線怖かったですね。面白いって言ってる人もいましたが…。
高速有鉛
2017/05/11 13:19
上級さんも上手い人もいれば、そこそこの人までいると思っています。
上手い人はスピードが速くなってもフォームが崩れないですね。

上級にいくと、やはりそれなりの速さで走らないといけなくなるので、中級にいるうちにフォームとかをしっかり身に付けた方がいいと言いますしね。

貸しきりに参加する機会があれば、撮影などで、自分のフォームのダメなところとか、うまい人との違いとか、はっきりとわかるので、いいかなと思います。
普通のクラスで生徒がとるのはダメみたいですが、先生が撮影してその場で見せてもらうのはいいらしいので、イントラさんにリクエストしてみれば、もしかしたらやってくれるかもしれませんよ。
前に参加したパイロンスラロームスペシャルではイントラさんが撮影してくれたこともありました。
もちろんデータはもらえませんでしたが。
inakamon
2017/05/11 18:52
inakamonさん
上級も、中級も速いけど、フォームが悪い人はいますね。
僕は、遅くてフォームも無駄ない力が入ってるので、矯正に苦労しています。
先ずは、フォームの矯正と思うんですけど、ゆっくり走ると、フォームに注意できるんですけど、段々コースに慣れてきて、速く走ろうとするとメチャメチャなフォームになってしまいます。
あまり遅いと、周りの人にも迷惑かけちゃいそうで、中級って楽しいけど、別の意味で疲れますね。今の所、爺の図々しさで乗り切ってますけど…。

貸切は、最近、時々噂を聞きますが何となく楽しそうですね。
あと、雨の日も動画撮ってもらえると言う噂ですね。
観たいけど、怖いですね。近所の教習所ので練習する時は、写真何枚か撮って貰えるのですが、想像以上に身体が堅くて毎回愕然とします…。
高速有鉛
2017/05/12 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
みどりの日のHMSは中級12回目…。 高速有鉛の現実逃避の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる