MEIDAI ベビーポンプ

最近、旧いバイク関係のブログ見ていて、発見した、「あれば欲しいな…。」と思っていた『MEIDAI ベビーポンプ』を何となく入手する事が出来ました。
やはり、予想通り、競争にはならず、でも、予想よりちょっと高かった開始価格で…。

画像



1917年、自転車部品の製造開始、1933年、自転車用空気入れの開発に成功し、製造販売を開始、1937年自動車用車載空気入れの発売を機にT社と取引開始、2007年頃空気入れの生産中止、自転車部門から撤退した、大橋鉄工さん。 名古屋の大橋鉄工だから名大なのでしょうね…。
国産最後の空気入れメーカでもあったそうです。
現在は、T自動車のパーツ供給メーカになってしまった様子ですが。

そんな大橋鉄工さんの経営理念「私たちは“世のため人のためになるモノづくり”で 社会に貢献し、その喜びと誇りを皆で分かち合うことができる企業を目指します。」
もう、クルマの目立たない部品製造だけではもったいなすぎます…。

本当は、もっと新しい、最終モデルで良かったのですが、縁あって手に入れたのは、初期の更にレアなモデル。およそ五十年位前の物らしいです
お洒落なケースの色が、最終モデルは茶色ですが、初期の物は紺なのだそうです。
でも、細かな違いはありますが、基本的な部分は全く変わっていないそうです。



画像




いかにも質実剛健な頑丈そうな作り。
携帯用としてはちょっと重いかも…。
昔は、このケースをハンドルやダウンチューブに括り付け、遠乗りに出かけたそうです。
まぁ、今となっては、パンクしたらJAFに救援依頼すればすむ事ですが…。



画像






見た目は、そこそこ綺麗ですが、圧縮が弱かったり、ケースに綻びがあったり…。


画像




組み立てると、こんな感じになって、BABYのロゴ部分を足で押えて空気を入れます。
結構力が入ります。
コンテッサのタイヤ無理っぽかったですが、嫁ちゃんの自転車のタイヤはパンパンになりました。

画像




心配な消耗部品、パナレーサーのポンプと共通らしいです。
パナレーサーのポンプは、大橋鉄工さんから技術を買い取ったらしいです…。

そして、ピストンのパッキン、ちょっと空気漏れのあったホース、川越界隈のホームセンター、自転車店を十件程廻って無事入手。



画像



さっそく、分解して、シリンダー内を掃除したり給油したりして、新しい革パッキンを付けると圧縮も完全復活。
ところで、革パッキンに塗布する油、どんな油が良いのでしょうか?どなたか教えてください。
今回は、革と言う事で、ラナパーをたっぷり塗って取り付けてみました。
シリンダー内は、空気入れ用オイルと言う物があるそうですが、ワコーズのプロステージ0W-30を塗布しました。


ホースも、色こそ違いますが、昔の電気こたつのコードのような布のカバーの付いたホースに取り換えて…。


これで、きっと僕の一生より長持ちする事でしょう。

また、無駄なコレクションが増えてしまった様な気もしますが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

  • 監督

    あ~、そのホース、懐かしかぁ~。
    シガーライター部から取るミニ・コンプレッサの方が楽やけど(苦笑
    2014年03月28日 12:43
  • 高速有鉛

    監督さん、まぁ、物がそこにあるだけで満足するタイプですから…。
    2014年03月29日 11:02
  • とも

    ピストンのゴム部分が劣化しているのでだましだましですが30年以上使用してます。パナレーサーの情報をここで知りましたので早速修理したいと思います。情報ありがとうございます。
    2021年01月10日 09:49
  • 高速有鉛


    >ともさん
    ピストンの部品取り換えると、驚くほどパワフルになりますよ…。シリンダの発熱もすごいですけど…。
    2021年01月13日 10:40

この記事へのトラックバック