日野コンテッサの改良型キャリパー…。

ずっと欲しかった、日野コンテッサの改良型キャリパー。
先日、とあるネットオークションでやっと手に入れる事が出来ました。
08312711&08311711から08312712&08311712に変更になったキャリパーです。
キャリパーの補強部分が肉厚になって、剛性がアップしたと思われる、部品番号の末尾が2のキャリパー。
ディスクロータの径が変わる訳でもないし、ディスクパッドの面積も変わらないので、劇的変化は望めないものの、ちょっとだけ剛性アップが感じられるかもしれないと言う程度の物ですが…。



画像



ダストブーツは付いているし(カチカチでしたが…。)、意外と綺麗でしたが…。
ディスクパッドも、まだ使えるんじゃないと思う位程度が良いですが…。
先ずは、ざっと掃除して、ブリーダ―プラグや、ブレーキホースと不要な物を注意深く取り外し…。
大概、ブリダ―プラグを不用意に緩めて折ってしまう事が多いらしいので、ここは特に慎重に…。
キャリパーを温めて、プラグは冷却スプレーで冷やして注意深く大胆に…。


画像



無事分解成功。
残念ながら、左のキャリパーはハンマーで叩いた跡があったりで、オーバーホールを終え取り付けてみないと微妙な歪み等はよく分かりませんが…。
そう言えば、昔、解体屋のおっさんが、フォークリフトで持ち上げたクルマを、大きなハンマーと、たがね、後はカマみたいな工具だけで解体してるのを見て感動したのを思い出した。
Snap-onとか、Mac Toolとか、KTCとか、SSTなんてものを超越した技術に感動した…。
まぁ、解体業者から出てきたパーツなんて、皆そんな物なんだろう。期待しちゃいけない。
クルマに愛情なんて無い…。そのパーツをどう外せば有効に使えるかなんて考えてない。

外観の印象より中の汚れが酷いので、Jack Potさんでウエットブラストをかける事に。



画像



オイルシール、ダストブーツ、ブリーダープラグ、中の銅ワッシャも揃えて…。
取り敢えず、ウエットブラストが終わるのを待ちます。
これで、コンテッサもV Spec?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • 監督

    ウェットブラストって新品みたいになるんですね。(ウィッキーさんで調べた)
    なんか、片っ端から磨いてみたいかも。^^)
    2017年09月18日 08:32
  • 高速有鉛

    監督さん 設置場所と、コンプレッサーこちらで用意しますので、是非一台買っちゃってください…。
    2017年09月19日 11:13

この記事へのトラックバック