三月最初のHMSは…。

だいぶ春めいてきて、荒川土手の菜の花が綺麗に咲いた3月11日、今年の三月初めてのHMSに参加してきました。

画像




画像




レインボー埼玉の、本館とDコースの間の用水の脇には、イヌノフグリ、ホトケノザ、ノボロギクが沢山咲いてました…。



画像





画像




画像






桜は、まだですね…。

前回は、パイロンスラロームスペシャル、その前は、セーフティバイクフォーラムだったから、一ヵ月半ぶりくらいの中級の受講だと思います。

この日は、「親子バイク教室」も開催されていて、いつもと違ってレインボー埼玉一帯の、平均年齢も若く、春にふさわしい雰囲気でした…。



画像







この日のインストラクターは、初めてのMさんとTさん。

いつものように、自己紹介と目標発表、車両引き出し、点検、準備運動、慣熟走行の後、河川敷のコースに移動。


午前中は、エリア3と4。
慣熟走行後に加減速の練習の後は、コース走行…。


画像





行きは4.5mと5mの直パイの選択。Uターンして間隔がやや広めのオフセット、切り返しターン×2が用意されていました。
行きの直パイは、前回のパイロンスラロームスペシャルに匹敵するくらい長い。お昼休みに見た、この日のパイロンスラロームスペシャルより、明らかに長い…。
直パイは、前回のパイロンスラロームスペシャルを思い出して…。相変わらず上半身に力が入っている感じはするけど、だいぶ良い感じで、走れているような気もする…。



画像





ここで、早速Tさんから、追走後のアドバイスを頂く。
「綺麗なリーンウイズで走ってますね。頭が前後に動くので、そこを直すと良いです。背骨、腰を柔らかく使って、頭の位置を一定するようにしてください。」
身体を、柔らかく使うの、難しいかも…。元々、身体が堅い上に最近は、寄る年波のせいで…。

ひとしきり、自由に走ったところで、休憩後に「スタンディングで走る」と言う課題がでる…。
二周ほどで、脚が疲れてくる…。
「スタンディングでステップ加重を感じる…。」のが目的らしいけど疲れる…。
直パイは、「自転車の立ちこぎの要領で、リズミカルに左右のステップに加重すれば良い。」そうですが…。
スタンディングで、直パイが、なかなかリズミカルに走れない中で、ふとスキーに夢中だった頃の、ウェーデルンの練習を思い出し、その時の感覚を思い出しながら走ると、良い感じで走れているような気がする…。
後半のオフセットは、速度も出るし、ブレーキングでちょっと不安定になってかなり怖い…。
終盤の、連続Uターンは、スキーの過重、抜重+腰の捻りを加えて走ったら、想像以上に上手くいって、リズミカルに走れているような気がする…。

「切り替えしから、車体を起こす一つの方法は、ハンドルを切り増す。」…。

こんな感じで午前の部終了。
河川敷から戻る途中、雲雀が飛んでた。春ですね…。


画像





この日のお昼は鶏のから揚げ…。
年末から、ずっとチキンのような気もする…。



画像



この日の車両は、CB650。最近、乗り易いと言う話をしたら、俄かに人気が出てきて、予約が取りにくい…。


午後は、エリア1、2、3、4、と、広大なトラックを使い超ロングな贅沢なコース。


画像





スタートして、段違いの直パイ×3。それぞれ、本数が違う。最後は5本でやや狭かったかも。
そして、少し直線後に、Uターン×2でゲート付き。その先にゲートが2個あり。これを通過してから、縦幅いっぱいの僕的にはUターンの連続だったけど、オフセット…。横の間隔が狭いので、Uターンに感じるのかな…。説明聞いてるとオフセットらしい…。
最後は、Uターンして直線…。

その先で区画を区切られたUターン×2。そして、狭いオフセット3本を通り、その先で切り返しターン。ゲートを通過しつつ、狭いオフセット。

ターンして、直パイ、ストレートの選択式と、Tさんから、聞いていたので、何回か直パイで走ったけど、皆、ストレートなので、危ないかもしれないので、その後はずっとストレートで走ってました…。
そして長い直線と大きな旋回後、ちょうど、2番の一本橋の横を直線を戻る。直線は、途中にシケインがあり、速度を落とす仕組み。
そしてエリア4に戻り、狭いオフセット、直パイの後で、切り返しターン、2本差し、普通のオフセットでゴール。
かつて経験した事の無い超ロングコース。ただ、直線も多いので少しだけ息抜きできると言うかストレスを発散できるかもしれない…。
普段の、中級のコース二つを長い直線(直パイ)で繋いだ感じのコースです…。
普段の中級に比べて、特にきついターンがある訳ではないけど、入口と出口、が規制されていたり、ゲート式になっていて妙に走り難かったりだけど、冷静に、コースを観て攻略すればなんとかなる感じ…。
でも、ゲートで規制されるのは、あまり経験が無かったからちょっと新鮮な緊張感が味わえます。
こんな感じになれるのは、ちょっとだけ上達したからんだろうか?
それにしてもいたる所に、コース幅の規制があって、進入で慎重に入って、ターン終了後も気が抜けない感じです。

コースは、あまり上手く説明できないけど、この日、同じクラスで参加していた、青いレガシイ改め青いWRXの方の、ブログを観て頂ければ、詳しい説明+写真があるので、そちらを参照してください。

前半~中盤にかけての連続Uターンの後のゲートが、慣熟走行では難なく入れたのに、一人で走ると入れない事が何度かあった…。その後、ライン取りをしっかり考えて走れば、難なく通過できる事に気付いたのだが…。
上級クラスの人の後ろを走って、びっくり…。
なるほど、ここは、バランスクラスの連続Uターンと同じなんだ…。上手く切り返せば、切り返しで通過できる…。
チャレンジしたけど、なかな上手くはいかなかった…。

フリーに走り始めて早々に、Tさんの追走…。それにしてもインストラクターの方って、どうして気配殺して追走するのが上手いんだろう…。
「綺麗に、模範的なリーンウイズで走っている。ライン取りも良い。背骨、腰骨、骨盤をもっと柔軟に使って、頭の位置を注意すると車体との一体感が生まれて、もっと気持ちよく走れる。」
注意して、慎重に走っている時は、多分問題ないと思うけど、ちょっと攻めて?いるときは、最近自分でも分かる位頭が前後に動いている…。

ライン取りとか、姿勢とか頭の位置とか、色々考えながら走るのは楽しい…。老化防止になるかも…。

中盤以降、どんどん上達しているのかと思ったら、パイロンが飛ばされて、コースが走り易くなっているだけだった…。さすがに、コースを広くしすぎて、修正し切れなかったようです…。


画像






車体との一体感は生まれたかどうか謎のままこのレッスンは終了…。
午前中のスタンディングでだいぶ体力奪われたけど、最近は帰り道で、足が攣る事もなくなってきた。
楽しく一日が終われる…。日も伸びてきたし、次回はバイクで行ってみようかな…。




画像




アスファルトを破って、何かが芽を出すのかも…。


画像



僕も、そろそろ壁を破りたい…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック