BRIDGESTONEの試乗会…。.

いつもは、何故かDUNLOP色の強いレインボー埼玉、今日は何故かBRIDGESTONEののぼりがいたる所に…。
COCKPIT川越の社長に誘われて、BRIDGESTONEの、タイヤ試乗会にやってきました…。


画像




駐車場にクルマを停めて、ロビーに行くと、レインボー埼玉の所長さんが一人で、休日出勤で店番してました…。


先ずは、二階の教室で座学から…。
座学といっても、BRIDGESTONE埼玉販売の偉い人の挨拶やら、BRIDGESTONEの提唱する「ちゃんと買い」についてのお勉強…。
そして綾瀬はるかちゃんの小芝居のビデオを見るだけなんですけど…。
その後は、外に出て、試乗会…。



画像





先ずは、ALENZA001の比較試乗。
試乗車は、TOYOTAのCRH…。
最初に、Playz Px-RVを装着した車両、次にY社の○EOLANDAR H/T G056装着車、最後にALENZA001装着車の順に試乗しました。


画像





コースは、レインボ-埼玉のコースD・E。
ほぼ外周一杯使って、右回りでスターしてすぐ右ターン、直線パイロンスラローム三本、右ターンで、途中、ロープが敷いてあるところ、ゴムの板が敷いてあるところを通過して、ロードノイズのチェックもします。

画像


激走するCOCKPIT川越の社長…。パイロン踏んでますけど…。パイロン三本位ふっ飛ばしてた…。


Playz Px-RVと、○EOLANDAR H/T G056の違いは、はっきり言って全く分かりませんでした…。
アレンザは、全体に剛性感が高く、直パイ、奥の右コーナー共に前の二銘柄より、安心して進入できる感じです。
そのせいか、全体のスピードもアレンザが一番高かったです。その分、コーナーリング中のノイズは一番大きかったかも…。

画像





多分、市場価格は安い順に、Playz Px-RV<○EOLANDAR H/T G056画像





次は、ミニバンタイヤの試乗…。
試乗車は、トヨタのNOA…。
こちらは、ブリジストンの社員の運転で、二列目のシートに乗って試乗となります。
コースは、レインボー埼玉の周辺道路。HMSの帰りに、僕がいつも通る道も含まれて居ます…。

先ずは、D社の○V504。
スタートしてすぐに感じる、ゴツゴツと不快な突き上げ感、ロードノイズも高め…。甲高い音と、スタッドレスに近いような音が入り混じっている感じ…。NOAのサスペンションが悪いのか?、意図的に空気圧高めなのか…。
空気圧に関しては、ブリジストンの方に聞いたら、皆同じとの事…。
転がり抵抗は、運転してないから良く分からない、コーナリングの剛性感は、悪くない感じ…。
川越では、K沢タイヤさんが、業販中心に拡販に努力しているのでD社のシェア高いのを踏まえて、意図的な操作があるのではと疑ってしまいそう…。

続いて、Y社の△luEarth○V-02。
スタートしてすぐ感じるのは、突き上げ感の無い、乗り心地の良さとロードノイズの静かさ…。若干の風きり音を感じるけど、これは車両から出ているのか、タイヤから出ているのか良く分からない。先程のD社と比べるととにかく静かで乗り心地が良い。
コーナーリングは、運転して無くても、ちょっとよれる感じはあったけど、乗り心地が良かった…。

最後に、ブリヂストンのPlayz Px-RV。スタートしてすぐ感じるのは、静かさ。突き上げ感は、丁度D社とY社の中間位かな…。でも、不快な突き上げ感とかではない感じ。ロードノイズは、Y社より大きいけど、不快な音ではない感じ…。
コーナーリングは、運転してなくても、タイヤの剛性感の高さがしっかり分かりました。
運転が楽しい、疲れにくいと言うPlayz Px-RVの良さがはっきり分かりました。

走るのが好きな人は、BRIDGESTONEの言うとおり、Playz Px-RV絶対お勧めだと思いますが、走りにあまり拘りの無い人には△luEarth ○V-02もありかな…。

お昼は、BRIDGESTONEの試乗会お約束の、登利平のとりめし弁当…。



画像





弁当食べて、お土産貰って、楽しい試乗会は終了。



画像



今回は、胸肉に近かったのか、脂が少なかった…。時代の流れ?


次回はPOTENZAの試乗会、行きたいな…。