新しい生活様式の下での初めてのHMS…。

2020年6月7日、梅雨入り目前の、天気の良い日曜日、久しぶりにHMSで、バイクの練習をしてきました。
最後に行ったのが、2月9日の「8の字コーススラローム」だったので、四か月ぶりと言う事になります。
2月の練習で、考えすぎで、体が上手く動かず、グダグダの走りしかできなかったので、その次の中級で、リベンジと思っていたところ、武漢発のCOVID-19、習近平による隠蔽、更には、Tedorosのデマにより、Pandemicになり、レインボー埼玉は、「緊急事態宣言」に先駆け、全クラス練習中止となっていたのです。

久しぶりに、HMSから、練習再開のお知らせが来たのが、10日程前、喜び勇んで、予約を取ったのが、なんと、「8の字・コースラローム」…。
四か月ぶり、外出自粛期間は、殆どバイクにも乗らない生活を続けていたので、冷静に考えれば、「初中級」が妥当な所と、予約を取ってから思ったのですが、後の祭り…。
それにしても、10人枠二クラスしか開催しないのに、難なく予約が取れるのは、埼玉県民限定という条件の賜物。できれば今後も続けて欲しい。
なんなら、千葉の埋め立て地に、レインボー東京をでっちあげ、東京都民と千葉県民は、レインボー東京限定にしてもらえば、予約取れない問題は解決するのではないかとすら思えてしまう…。


RIMG0634.JPG





そんな四か月ぶりのレインボー埼玉、いつもと変わらぬ佇まいですが…。



建物の中に入る前に、アルコール消毒をしたり…。




RIMG0652.JPG





やたらと、立ち位置を指定されたりで、すっかり新しい生活様式に対応していました…。




RIMG0653.JPG





各クラス、10名で、二クラスのみ開催という、密をを避ける対策とは言え、ちょっと寂しい開催…。更には、参加者はおっさんばかりの、男祭り状態でした…。

そんな中でも、久しぶりにお会いする人が居たりと、いつもの楽しい場所には変わりありません…。



練習が始まれば、基本的には、いつもと同じ流れですが、自己紹介、準備運動中はマスク着用、走行中はマスクは外しても良いけど、前の車両と離れて走る…。煽っちゃだめですよ…。煽っちゃダメなのは、古い生活様式の時から変わってませんよ…。

ちょっと制約が増えたり、変わっていない部分があったりで…。そしていつものように練習開始です…。


この日のインストラクターは、Mさん。初めての方です。10人クラスなので、密度の高い練習ができそうですが、久しぶりなうえに、この時点で、既に暑さが心配…。




RIMG0641.JPG




午前中は、ひたすら「8の字」…。バターになるまで「8の字」…。

「久しぶりなので、無理をしないように。最初は、二速、三速で、大きな弧を描いて練習してください。久しぶりに乗って、肩や腕に力が入ると、一日抜けなくて、午後の走りにも影響してしまうので注意してください。」とのこと。肝に銘じて…。


それにしても、思ったより風が爽やか…。前の、牧草地を走り回ってるトラクター三台が、楽しそう…。何してるんだろう…。


インストラクターさんから「左の肩に力が入っている」と指摘される…。

いつもは、右を指摘されるのに…。

それにしても、カツカツとストッパーが当たるまで迄ハンドル切れて、いい感じで回れているような気がするのは、外出自粛期間中のストレッチと筋トレの賜物だろうか?四か月位、殆どバイクに乗っていなかったのに、意外と軽快に走れているような気がする。




休憩後の課題…。


ブレーキングで縮んだサスペンションを縮めたまま旋回に入り、遠心力でサスペンションが沈む状態までの間にブレーキをかけ続けサスペンションを伸ばさないようコントロールする。

教習所のセオリー通りに、ブレーキングを終えてから、旋回だと縮んだサスペンションが、一回伸びて、再び縮みながら旋回するので、挙動が不安定になる。


ハンドルを切るのが、早すぎるとバイクは寝ないので、進入は、ハンドルを抑え気味に、立ち上がりで車体を起こすタイミングで、ハンドルを切り足して、車体を起こして一気に加速。


インストラクターさんのデモンストレーションを目標に、自分のバイクのサスペンションの動きをイメージしながら、ブレーキのタイミングを遅らせるような感じで走ってみる。

上手くいった時は、フロントがとても安定して、回り込んでいくが、ブレーキを放すのが早いと、一旦フロントが浮いて、また沈んで、無駄にサスペンションが動いて不安定になるという事を感じることができた。

それにしても、インストラクターさんの走りは、ゆっくり走っているのに、サスペンションがぐぐっと沈んでいる。そしてそのまま旋回している…。外から見ても分かるくらい安定している。凄い…。


ブレーキのタイミングと、旋回のタイミングが上手くリンクしてきて、気持ち良く回れるようになって、調子に乗っていたら、目が回って気持ち悪くなっちゃった…。

歳のせいで三半規管が弱っている…。



RIMG0637.JPG



気持ち悪くなって休んでいるとき見つけた、謎の花…。毒キノコじゃなかったみたい…。どうやらひなげしの成れの果てらしい…。

そんなこんなで、気持ち悪いけど、気持ちよく走れて、午前の部終了…。




RIMG0649.JPG



お昼は、定食のみで麺類などの選択肢は無し…。まぁ20人しか居ないから仕方がない…。本日のメニューは、回鍋肉…。なんかちょっとぼんやりした味の回鍋肉で、残念だった…。辛さが足りない?でも、暖かいものを食べられるだけでもありがたい。




RIMG0650.JPG



食堂は、食事の受け渡しと真ん中に大きなテーブルを置いて、そこで、ドレッシングやふりかけをかけて、ロビーでソーシャルディスタンスを保って食べるシステムに変わった。



さて、午後はいつものコーススラローム。


RIMG0660.JPG

前回は、ここの進入と…。



RIMG0672.JPG



ここの進入で、悩みまくったので、この二か所を重点的に走りこんでみる。

鬼門その一は、進入するときの車体の向きを勘違いしていたのが発覚…。駐車場の方向に向かって、大きく回って侵入すると、直パイのイメージで走れ、その先の連続Uターンまではスムーズに走れるようになった。更に、連続Uターンの進入でスピードが乗って、一回目のUターンがスムーズ回れる…。なんか嬉しい…。なんとなく走れるようになってみると、ここの部分は、回り込んできて、直パイと、細かめのオフセットの組み合わせ。進入時の車体の向きの重要性が分かったような気がする。

が、しかし鬼門その二は、相変わらずやっとこさ走ってる感じ…。後ろを走っていた、Mさんの話では、右側に寝かすのが遅いらしい…。
そう言えば、前回参加した時、「定常円風に見えるところを、手前の進入から、オフセットに見立てて攻めていかないとだめ。」って言われたのを思い出して試してみると、前より上手くいくようになった。ここを先まで行って大回りするのはナンセンスだそう…。
そうこうしているうちに午後一回めの休憩…。

休憩の後は、効果測定という事で、初中級のコースを走る…。これ、気持ち良かった。ストレス発散!アクセルワイドオープンで走れてとっても気持ち良かった。
ストレス発散の後は、クールダウンと合わせてレクチャー。


コースのライン取りを考える上で大切な事は、どれだけターンの回数を減らして走るかと言う事。
スタート直後の最初のUターンは、白線を踏まない程度にできるだけ外に出てから廻る。そのためには、その前のパイロンで、しっかりイン付かないと綺麗な弧を描きながら回れない。そのためには、スタート直後のパイロンでしっかりインについて、向きを変えないとラインが取れない。直前のパイロンだけ見るのではなく、先を見て全体的なラインを瞬時に見つけて走れるようにしないといけない。
更に、最初のUターンから次のUターンはあまりインに付け過ぎず、大回りして次のパイロンのインに付けるとその先の2本が、直線的に抜ける事が出来る。
その先のS字ターンはパイロン一本一歩に拘らず、大きな弧を描き旋回し、件の鬼門その一の進入に繋げていく。ここの進入を駐車場側に大きくアウトに振る事により車体を早く内側に向け、その先を直パイ的に抜けるの、前述の通りかな…。

アウトに振るべき所にパイロンを並べて、しっかりアウト側を通らざるを得ないようにして、練習したけど、パイロンが気になってちょっとギクシャクしてしまったかも…。


後半の2回連続Uターンを立ちあがって、定常円に入る前の三つのターンは、直線パイロンスラローム。但し、Uターンから立ち上がって、直線が比較的長いので、ブレーキングしながらの直パイとなる。
通常の直パイは、アクセルのON-OFFで車体の向きを変えるきっかけを作るが、ブレーキングしながらなので、ハンドルを引いて、サスペンションを伸ばしてきっかけを作る。



RIMG0676.JPG



と言う事で、車庫棟の壁に新たに設置された鏡の前にパイロンを並べて自分のフォームをチェックしながらの練習。
自分のフォームを見ながらの練習は、新鮮でした…。ハンドルを引いて、サスペンションを伸ばすのは、上手く出来なかったかけど…。


最後の練習は、一人づつコースを逆回りで回る。
僕だけではなく、皆さん苦労してた様子…。でも、2周目、3周目と周回を重ねるごとにスムーズに走れるようになってくるけど、何となくミスコースをしてしまった様な罪悪感に苛まれながらの周回は、あまり気分が良くなかった。

全ての練習が終わり、インストラクターさんからの締めのお言葉…。

フロントサスペンションを縮めたままコーナーに入るのは、一般公道では、非常に危険なので絶対試さない事。
初中級のコース、逆走コースとも一周目は上手く走れなくても、二周目、三週目とスムーズに走れるようになったのは、コースを覚えたから。
一般公道では、コーナー一つ一つが、初めてのコーナー。先を見て、一瞬でラインをみつけ、走る事が余裕のある運転につながる。

と言うわけで、久しぶりの練習は、新しい生活様式に戸惑いつつも、非常に有意義で、中身の濃い、楽しい練習でした。
走行距離は、46km…。久しぶりだったので、自主的な休憩も多く、距離は少なめ。

あれ、コースの攻略法満遍なく解説があるかと思ったら、最後のセクションの解説がなかった…。
次回以降の課題になってしまった。なんか、モヤモヤが残ってしまった。どうしよう…。

さて六月いっぱいは、一人一回しか参加できないお約束ができてしまったので、次回は七月以降…。
しかも、6月20日以降は埼玉県民限定の特典もなくなるので、予約が取れる気がしない…。
更には、一日の受講者が、20日以降は、増えるといっても40名…。これは厳しいな。
まぁ、元々、七月中旬から、八月いっぱいは自主的にサマーブレイクを取るから9月以降になっちゃうのかな…。その前に、もう一度「8の字・コーススラローム」チャレンジしたいな…。


RIMG0659.JPG


レインボー埼玉、結構長く通っていて、新発見。駐車場にこんなカエルさんが…。


RIMG0665.JPG



無事カエル?それとも、ひっくりカエル?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 監督

    レインボーって和光のあれかと思ってたんですけど川島だったんですね。
    いやいや、基本の『き』も忘れかけてるぼろくそライダーなんで、オイラが行くとしたら「ナイスミドル」からですね。
    といわけで、9月まで先送りします(行く気無し感満載?)。^^;
    2020年06月11日 14:01
  • 高速有鉛


    >監督さん
    レインボー埼玉は、和光市と川島町にあるんですよ。
    普段バイクに乗っていて、自分の技量に過不足がなければ、無理に辛い思いしなくても、良いんじゃないかと思いますけど…。
    2020年06月11日 19:23
  • 監督 再び

    ティーンの頃とは比べ物にならないくらい下手くそを実感してます。
    でも、おっしゃられるように、辛くて恥ずかしい思いをしなければならないくらいか?と言われれば、う~ん・・・(^_^;)って感じです。
    なので、行くとしたらナイスになりたいミドルって感じです。(^^;
    2020年06月12日 00:22
  • 高速有鉛



    >監督 さん
    ナイスミドルは、初級と同じ内容で、レッスンの前後に珈琲タイムがあるか、無いかの違いだけど、ナイスミドルの方が〇×*$#なじじいが多いかも…。
    個別に、指導されちゃうかもしれませんよ、じじいから…。
    2020年06月12日 15:37
  • 監督再び 再び

    ↑ ぜんぜんナイスじゃないじゃん!^^;
    2020年06月13日 10:28
  • 高速有鉛



    >監督再び 再びさん
    ナイスなミドルになるための講習ですから…。
    2020年06月13日 15:17
  • 監督 質問あり

    あのぉ~、記事のサイズが急にデカくなった(見やすくなった)気がするんですが、なんかしました?
    2020年06月16日 10:13
  • 高速有鉛



    >監督さん
    >
    >うん、何かした…。
    他の人BLOG見てたら、最近大きくて見易いのがあるから、気になって…。
    ログインして、トップで「デザイン」の所で、デザイン変えたら、急に垢抜けちった…。
    一瞬でできるよ。
    2020年06月16日 11:29