高速有鉛の現実逃避の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS HMS中級13回目は、今シーズン初のかぶり水…。

<<   作成日時 : 2017/05/28 16:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

初夏の心地良い季節が極端に短くなった今日この頃。これも地球温暖化の影響なのでしょうか?
風薫る五月だというのに、30℃超えの5月21日日曜日、HMSの中級クラスに参加してきました。
何となく久し振りのような気がするのですが、三週間ぶりという大体いつものスパンで、中級も13回目となりました。

この日のインストラクターは、若手のSさんと、Kさん。自己紹介や、車両点検、ストレッチに慣熟走行といつものようにこなして、一番奥のコース、6番、7番へ。
そう言えば、この日も元格闘家の方がいたり、いつもHMSに参加する前後に参考にさせて頂いている、青いレガシイのあのお方も同じクラスに参加していました。
ですので、詳しい練習内容は、青いレガシイの方のブログを参考にしてください…。

画像




午前中、先ずは外周で、Sインストラクターのトレンド、アクセルの遊びのとり方。
いつも、「自分は遊んでる」的なコントで、始まるあれです…。
本当に、頻繁に夜のクラブ活動とかいってるんなら、今度ご一緒したい…。居酒屋で軽く飲みながら、ライディング理論のレクチャーを受けて、キャバクラ行って、〆はどうしよう…。Sインストラクターは、まだ若いから、ラーメン?僕は、キャバクラの時点でお腹一杯か…。なんなら、居酒屋とキャバクラの最初のセットは、僕が全部僕が持ちます。あ、でも、延長と指名料は自分持ちでね…。
話が横道に逸れたけど…。アクセルを戻して、直ぐに遊びを取るか、ブレーキング中に遊びを取って、アクセルを開けるスロットルワーク。
最初、話を聞いた時は、そんなの絶対無理と思ったけど、練習しているうちにそれっぽく出来る様になってきた。これに前後の体重移動を加える…。
最初のうちは、速度を抑えて慎重に操作するので、良い感じに出来ていると思うけど、周りの人達が慣れてきて、速度が上がってくると、それに着いて行こうとして、各々操作が雑になってくる…。冷静に走らないと…。
と思ってたら、Kインストラクターから「身体がのけぞってますよ!前後の体重移動!」と声が掛かる。
完全に見透かされていた感じでショック…。


その後はコーススラローム…。
スタート〜直パイ〜外周から中に入ってオフセット段々小さくなって、Uターン気味に回って直角に回ってまたオフセット〜外周出て〜オフセット〜更にUターン気味に回って、ちょっとオフセットしてから市街地コース〜最後はS字の連続で狭くなってゴール。前回の午後のコースをちょっと簡単にした感じのコース。午前中から広いコースで走れるのは、嬉しい。
「コースに自信の無い人は?」はの問いに迷わず手を挙げ、個人レッスンを乞う。手を挙げた人はあまりいないのに、Kインストラクターの後ろには結構な数の人が…。
2〜3周で、皆、列に戻ったので、更に一周お願いして、Kインストラクターの直後を走る。ライン取りだけでなくブレーキングのタイミングやターンインのタイミング、静かだけど、早いアクセルワーク、そして、ゆっくりなのに深いバンク等手に取るように分かる気がする…。それにしても、速いのに、排気音はとても静か…。僅かな時間だけどとても参考になる。次回もこの手で行こう…。


休憩中に上級の人が集まっている、貸切コースの人が乱入してきた…。相変わらず皆さんスムーズで速い…。コース案内無しでいきなり、あの速さで走れるのは、本当に凄い事だと思う…。一つ一つのパイロンの意味を理解し、熟知しているからこそ、なせる業だと思う…。僕も早くあのレベルに…。

ここで、Kさんに先程の静かで、スムーズなアクセルワークのコツを質問してみる。
「普通は、親指と人差し指でグリップをつまんで回す人が多いですが、回すとどうしても操作がラフになってしまいます。運命線の辺りで押すようにして、小指から薬指の順に握る感じで操作する感じです。」
なるほど、HMSで良くお話しする、Sさんや、前回聞いてみたNさんの言ってる事と同じ感じ。
早速実践してみたけど、中々上手くいかない。まだまだ修行が足りない感じ…。
そんな事を色々試しながら走っているうちに、あっという間に午前の部終了。


画像



お昼は、無理言って豚しゃぶのピリ辛ソース…。美味しかったです。いつも我儘聞いて頂きありがとうございます…。


画像


この日のバイクは、初めてのCB650F。
今まで、高性能過ぎて持て余すんじゃないかと思って選択しなかった車両…。しかも、最小回転半径が大きいので、苦労するんじゃないかって思って避けてた車両です。
ところが、乗ってみると、今まで乗った中で一番乗り易い感じです。唯一の欠点は、発進時にエンジンストールし易い位で、後は嫌な所が見つかりません。
オフセットスラロームの進入では、フロントブレーキを残しながら傾けていくと、前輪が小気味よくくいっとインに向かって行く。調子に乗り過ぎると握りゴケするかもしれないけど…。


画像


フロントブレーキはNCと同じブレーキがWで付いてるから、良く効く訳です…。

兎に角、小気味よく曲がってくれる感じで、僕が上手くなったのかと思う位な感じです。
発進が、ちょっと気難しいので、心配だった極低速の安定性も、問題無いです…。むしろ四気筒の長いクランクシャフトのジャイロ効果の恩恵に与かっている感じで、とても安定しています。この辺りは、普段シングルかVツインに乗っていると、特に感じます…。そう言えば、CB400SFも極低速は乗り易かったな…。


画像


斜め後ろから見るとカッコ良いです。
残念なのは、ハンドルバーの右側がちょっと曲がっていて、ハンドルが持ち難かった位…。

もっと早く乗ってみれば良かった…。とは言え、中級に上がったばかりで選択するとUターンで苦労したかもしれません。

画像



午後のコースは、4番と5番…。
スタート〜左右に振った日本のパイロンから大きく回った後に、オフセットから三本位の直パイを経て5番へ。5番の入口は、Uターン×2。そして斜めに抜けて直角×2〜変則オフセット。二本差しの様で二本差しとは違う結構深いターン〜外周…。いやらしい所にパイロンがありすんなり外周に出られません…。外周から円旋回。そして、外周直線を走りながら、右、左の切り返しターン後に狭い規制パイロンがされて直線〜切り返し〜S字でした。
所々に、何となく走り難い所が散りばめられた、僕のHMS史上一番難しいコースの様な感じです…。
でも、常連の方の感想では、中級としては標準的な難易度だそうです…。まだまだ、道は長く険しいですね…。
コース案内では、前方で転倒者が出たり、曲がり切れないのか、後ろの方では、かなりゆっくりな感じでしたが、今の僕にとっては、特に曲がり切れないような所も無く、スムーズに走れるような気がします…。
多分、中級に上がったばかりの頃、このコースだったら、曲がり切れずにコースアウトしたり、パイロン倒したりで、泣きそうな気分になっていた事でしょう…。多分これが進歩とか上達と言う物だと思うと嬉しくて仕方がありません。
コース案内の後、午後も、コースを覚えられないと申告…。Kインストラクターの後ろを走らせていただきました。
もう一人の方が、コースを覚えられない人がいたので、一人挟んで走った後、直後を2周プライベートレッスンをしていただきました。
コースが狭く、速度が遅いと更に、目の前のKインストラクターの走りが見えてきて、良い勉強になりました。ありがとうございます。
フリーで走りはじめたら、コース案内の時よりも、更にスムーズに走れるので、更に上手くなったのかと思ったら、いやらしいパイロンがあった二か所の難易度を下げてくれたようです…。上手くなったと思ったのに、ちょっとがっかり…。
でも、フリーで走る時も、基本忠実に、しっかりパイロンの裏に付ける事を心がて走ると、難しいと思ったコースも、すんなり走れます。今回の参加者は、紳士的な方ばかりで、遅くても、後ろから煽られる事もなくじっくり練習する事が出来ました。


画像



一回目の休憩の時、今シーズン初の夏のHMS名物?「かぶり水」登場です。
まだ暑さに身体が慣れていないので、嬉しかったです…。暑さであたまがぼっとしてくる事もある位暑い日でした。
とても気持ち良かったけど、後で、加齢臭が増幅されないかちょっと心配…。

一回目の休憩後、Sインストラクターから「ラインを見いだせば直線になり、ターンしてまた直線が見える」との説明が…。
Kインストラクターのデモを見ると、休憩中にパイロンを動かしたのではないかと思う位、直線的にスムーズに走れるようです。
早速真似して走ると、何となくスムーズに走れて狐につままれた様です…。さっきまでの連続ターンは何だったんでしょう…。でも、Kインストラクターの様に軽くはいきません。黄色のパイロンは、何となく深く曲がる必要があります。どこが違っているのでしょうか?

悩みながら走っていると、Sインストラクターの追走を受ける。
「まだちょっと上半身に力が入っています。上半身の力を抜いて、下半身で、車両に入力するように走ってください。ところで、最初の黄色のパイロンは、真っ直ぐ抜けられましたか?コース上にもう二か所、真っ直ぐ抜けらるところがありますが、分かりましたか?」と質問が…。
「5番に入る前の三本の直パイと、もう一つは、まだ分かりません…・。」
「終わるまでに見つけてくださいね。」
結局最後まで分からなかったけど…。まだまだ修行が足りません…。



二度目休憩の後、スタートから最初のパイロンまでは、低速で行くという課題がつかされました。
低速走行は、アクセルワークと半クラッチ、リヤブレーキのコンビネーションが大切。リヤブレーキを強く踏む時は、車体を右に傾けることも必要…。特に、半クラッチで、車両を前に進める時はリヤブレーキを緩めるタイミングを合わせないとエンジンが止まってしまう。転びそうになったら脚を着くのも大切なテクニック。

何回か、スタート位置を変えて、一番難しいと言われた右側スタートも難なくこなした感じ…。これも、セーフティバイクフォーラムでの、一本橋の特訓の賜物です。

終盤、追走後のKインストラクターから「低速区間のクラッチとリヤブレーキのコンビネーションは大体良いです。その後は、落ち着いて、良く走れています。加速時にノッキングしてますが、もっとシートの後ろに座って、後輪に加重する事が出来れば、同じように走ってもノッキングが軽減されると思います。CB650や、NCは、後輪に加重して走るように設計されているので、シートの盛り上がっている部分にお尻を当てる感じで、後輪加重を意識して乗ってみてください。」
追走されても、焦らず、無理せず平常心で、走って、いつもの走りを見て頂く事が大切ですね。

早速、アドバイス通りにシート後方に座り、後輪加重を意識して走ると、ノッキングが消えるだけでなく、ハンドリングも心なしか軽く、シャープになって更に楽しいオートバイになった所で、この日のレッスン終了…。もうちょっと走りたかった…。

アクセルの遊びをとってから開けるのは、何となくできるようなった気がするが、グリップを回さないアクセルワークは、まだよく分からない…。
コーナーの進入か、出口の広くなっている部分の意味が分かって来た…。
ちゃんとできているかどうかは不明だけど、パイロンの裏に着ける感覚もだいぶ分かって来た。
でも全体的に遅いのをなんとかしたいのは、もうちょっと上達してからな…。
この日の走行は、50.4km。それにしても暑かったです。
水分と同時にタブレットで、ナトリウムを補給すると足が攣らなくなる事を学習しました。
でも、暑いと、体力の消耗が激しいうえに、意識が朦朧としてくるので、本格的に暑くなるのは、もうちょっと待って欲しいです…。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
グリップを回さないアクセルワーク…、さっぱり分かりません。ToT
オフセットスラローム、嫌いです。ToT
一本橋、これだけは好きです。^^;
監督
2017/05/28 17:04
監督さん 練習あるのみです…。
高速有鉛
2017/05/29 08:49
はじめまして。
わたしもHMS通ってますが、スクールが終わって一日たつと詳細な内容はすっかり頭から抜けてしまっています。アドバイスだけは忘れないように気を付けていますが。
この記事すごいですね。状況が目に浮かぶようです。
運命線がどこか調べてしまいました。わたしも遊びを取るのはよく言われてました。今練習しているCBRはアクセル戻すと失速しすぎるので、アクセルを戻しきらず、戻した状態でもアクセルを薄く開けています。
650だと薄く開けるとどんどん進んでしまいます(^^;。
アクセルの遊びの取り方は、アクセルを戻した状態が遊びをとった状態になるように最初の握りを調整しています。手の重さを手のひらを介してグリップにかける感じです。
私はブレーキは人差し指と中指ですので、運命線より外側の小指の下にある丘で押すような感じです。
まだまだ勉強中ですので皆さんと一緒に練習に励みたいと思います。
あ、是非Sイントラとお店にいってみてください。報告期待しています。
buebue
2017/05/29 13:01
buebueさん、はじめまして。
僕は、もう忘れる事の方が多い年頃なので、いつもメモ帳持って行って、休憩時間にアドバイスを書きとめています。
家に帰ってから、夕食前の一時に一日のレッスンを思い出して、書き留めておきます。
250ccのシングルだと、アクセルを少し開けておくとスムーズに走れるような気がしますね。
普段乗りと、近所でのライディングレッスン用のFTRはそんな感じです。最近ようやく分かってきました。
HMSで、NCやCBでやると、ブレーキが負けちゃう感じですね。
アクセルの開け方は、今日もちょっとバイク乗る事があったので、色々試してみましたが、今一つ良く分からない感じで、もやもやしています。
Sインストラクターと飲みに行けたら楽しそうですね。Sインストラクターに限らず、インストラクターの方と飲みに行って、ライディングの理論みたいな話を聞いてみたいです。
以前、近所の居酒屋のカウンターで、HMSの話をしている人がいました。その時は、偶々、取引先の社長さん達と一緒だったので、どなたか分からなかったですが、一人だったら、声をかけて仲間に入れてもらいたかったです。
HMSは、同じ目的を持った人が集まるので、励みになって楽しいですね。
いつか、お会いできる日を(もうお会いしてるかも知れませんが…。)楽しみにしています。
高速有鉛
2017/05/29 20:52
高速有鉛さんとは、お会いしてますよ。勘違いでなければ、TRCと5/21には会釈していただきました。5/21は貸切りに参加していました。ありがとうございました。ここ一年CBRに乗っている♀です。
buebue
2017/05/31 12:35
buebueさん、これは失礼いたしました…。
僕の勘違いで無ければ、VR46のお方ですね。
僕もValentino Rossiの大ファンです。HMSでは、あまり口に出来ないですけど…。
大概、一人で居ますけど、それほで偏屈ではないと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
高速有鉛
2017/06/01 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
HMS中級13回目は、今シーズン初のかぶり水…。 高速有鉛の現実逃避の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる